スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

韓国自閉症の青年の挑戦を元にしたドラマ「マラソン」

韓国自閉症の青年の挑戦を元にしたドラマ「マラソン」

今夜、午後9:00〜10:48に、
韓国の自閉症の青年の実話を演じたドラマ「マラソン」が、TBS系でありますね。

ジャニーズ「嵐」の二宮和也さんが、自閉症の青年を演じるそうです。
舞台は、韓国ではなく、日本に設定しなおして、
日本の自閉症者の環境も入れてのドラマになっているようです。

ここ数年は、毎年、自閉症者を主演にしたドラマが有りますけど、
いつも思うのは、美化しすぎ!現実とは違う、
「やっぱりドラマよね〜!」が、私たち親が集まったときの正直な感想です。

けど、テレビの影響力って大きいのよね!
今夜の二宮和也さんが演じる「マラソン」は、どんなになっているんかな?

この実話に基づいて制作された「マラソン」って 韓国映画が、すでにあります。
映画館で、ロードショウはしてたのかなぁ?
よく分からないけど、私はDVDで観ました。

この韓国映画「マラソン」は、凄いです!

ドロドロとした部分も、赤裸々に表現していて、全くといっていいほど美化していません。
国の違いはあるけど、慣習の違和感を感じないくらいの表現で、
自分の過去を振り返っているような気持ちになっちゃいました。

自閉症の青年ユン・チョウォンを演じるチョ・スンウの演技は見事でした。
チョ・スンウは、本当に自閉症なんじゃないかと思うほどです。

とにかく、韓国映画「マラソン」は、それくらい、リアルで、
飾ってなくてドキュメントかと思わせるような映画で、感動します。



といったところで、今夜の日本ドラマ「マラソン」も、気になるから観るでしょうね!
だってね、「自閉症の人って、ああなの?」って、たまに聞かれるから!
| 韓国自閉症の青年の挑戦を元にしたドラマ「マラソン」 | 自閉症療育 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

道後公園文化まつり

道後公園文化まつり

9月16日(日)は、道後公園文化まつりがありました。



以前は、この場所に道後動物園があったのですが、動物園はお引越し
その跡地にできた道後公園で、今年で3回目の道後公園文化まつりです。

朝から、あいにくの雨で、外での色々なイベントは中止になっちゃいましたが、
ステージでは、水軍太鼓や地元のアマチュアミュージシャンの演奏なんかが催されていました。

で、7月から、竹工芸の虫造りを修業中の息子も師匠の出店に参加!
黙々と実演している彼ですが、
人が寄ってきたりすると、ちょっと緊張してます。

黙って見ている分にはいいのだけど、
話しかけられたりすると、集中力が飛んじゃうみたいですね。

近くのテントで、子供達が騒いでいるときにも、手を止めていました。



彼の場合、人に見せるというより
いつもどおり、淡々と作業するだけって感じです。

自閉症の人は、環境の変化に対応できにくいってところがあるみたいですが、
息子の場合は、ちょっと緊張したりはしますけど、
自分なりのペースを保てるみたいです。
これもまぁ、何といいますか・・・
なんにでも引っ張り出してきたから、慣れみたいなもんですね(^_-)-☆

Yahoo! JAPAN  Google
| 道後公園文化まつり | 自閉症療育 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

愛媛の名工ふれあい展

愛媛の名工ふれあい展


匠の技と心、未来へ

場所:愛媛県立美術館
日時:2007年9月7日(金)〜9月24日(月)
(休館日 9月10日、9月18日)
観覧料:大人300円、高齢者・障害者150円、高大生・小中生無料


展示作品一覧

◇桜井漆器
◇おけ・たる
◇伊予竹工芸品
◇西条だんじり彫刻
◇和傘
◇伊予簣
◇棕櫚細工
◇桐下駄
◇高張提灯

主催:愛媛県美術館

上記のプレイベントを開催中です。

【実技講座 竹で金色模様の虫づくり】

A:竹を切る 8月29日(水)10:00〜12:00
B:虫を作る 8月30日(木)14:00〜16:00

講師:倉橋澄夫氏(愛媛の伝統工芸師)

と、いうことで、自閉症の我が息子は、この竹工芸に挑戦中なんです。
今日、8月30日は、倉橋師匠の弟子として実演する事になりました。

始めてからまだ日が浅いのですが、カブトムシは作れるようになったんですね。
あとは、熟練して磨きをかけることです。

竹工芸は、彼にピタッと合ったみたいで、
残業で疲れて帰った日でも

「あっ、足つけておかなきゃ!」って、虫つくりしています。

これが、彼の仕事に繋がればいいなぁ〜って思ってます。

今日は、マスコミ関係も来るそうで、息子にインタビューも有るんだとか・・・

Yahoo! JAPAN  Google
| 愛媛の名工ふれあい展 | 自閉症療育 |
| comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

障害者の就職:夢がある仕事でなければ続かない・・・

障害者の就職:夢がある仕事でなければ続かない・・・

この春、養護学校を卒業した息子は、地元のリネンの会社に就職できました。

仕事内容は、毎日1000枚以上のシーツを
朝9時から夕方6時まで、淡々とプレス機に引っ掛けるだけの単純作業です。

「働いて、給料が欲しい。」という思いが無ければ、続かないでしょうね。

立ったまま、ずっと同じ動作を繰り返すので、身体の疲労も大きいようです。

「働いてお金もらうって事は、楽な事ばかりじゃないんだよ。」って言いながら、
毎日、帰宅した彼に「お疲れさん!」と声をかけると
「うん、ちょっと疲れたよ。」と微笑んでいます。

彼は、この仕事を一生続けるのかなぁ・・・
続けられるのかなぁ・・・
続けさせて良いのかなぁ・・・

と、彼自身で色々なことを選択するのが難しいので
90%親の判断で決めてしまった彼の仕事を考えています。

そんな中・・・

母校の恩師から昨日1本の電話が入りました。

「お母さん、夢がある仕事じゃないと続かないですよ。
僕は、一人でも救いたい。」と・・・・・

新たな挑戦が始まるかもしれない予感がしています。


Yahoo! JAPAN  Google
| 障害者の就職:夢がある仕事でなければ続かない・・・ | 自閉症療育 |
| comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |

▲このページの先頭へ

僕らのことば 

僕らのことば 



明日から2日間のサプライズ!!

感動のシャワー!!
僕らのことば 
| 僕らのことば  | 自閉症療育 |
| comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

愛媛県立第三養護学校 高等部 OB展 「僕らのことば供

愛媛県立第三養護学校 高等部 OB展 「僕らのことば供

「僕らのことば供

場所 坂の上の雲ミュージアム 2F

    松山市一番町三丁目20番地 
    TEL:089-915-2600

期間 2007.6.9(土)〜6.10(日)
    9:40〜18:30

今回の展覧会では、彼らの想いを知ってもらいたいと思い、
作品とともにその作品に対する彼らの感じ方や見方を紹介している。
なんともいえぬ感動や想いを持つに違いない。
この感動こそ私が紹介したいものである。

                  美術部顧問 岩本喜文


◇--------------------------------------------------------◇

息子たち養護学校 高等部 OB展
愛媛県立第三養護学校 高等部 OB展 「僕らのことば供
の開催場所、期間が変更になりました。
上記、場所、日程で開催されます。

6月9日は「『坂の上の雲』のまちづくり」に取り組む市民活動として、
ミュージアム近くのロープウェイ街で「城下楽市2007」のイベントも開催されています。

9日の午前と10日の午後は、私も会場に居る予定です。
お近くの方は、是非、お立ち寄りください。

彼らの作品展は、入場無料ですが、
「坂の上の雲ミュージアム」への入館料が400円必要ですので、ご了承くださいね。

坂の上の雲ミュージアムとは?



坂の上の雲ミュージアム

息子は、毎週木曜日は、仕事が休みなので
午前中の時間に、学校へ絵を描きに行っています。
今日は、作品展の準備をしたようです。

ちょうど、新聞社が取材に来たそうで、彼は、取材を受けました。
6月9日(土)の朝日新聞の朝刊に載るようです。
写真も撮ったと言っていたし、
先生から息子の生年月日の問い合わせが有ったので、写真入りかな?

掲載は、地方版なので、愛媛限定でしょう!


Yahoo! JAPAN  Google
| 愛媛県立第三養護学校 高等部 OB展 「僕らのことば供 | 自閉症療育 |
| comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

自閉症療育:経験してみないと分からないこと

自閉症療育:経験してみないと分からないこと

今日は、二度目の給料日です。
先月中に、振込指定銀行に口座を作って、
「6月からの給料は、この口座に振り込んでくれるからね。」
と、教えはしましたが、

「振込」ってことの経験がないので、
これは、いくら説明しても理解でできんやろう。
来月の給料日になったら教えたのでいいわって事にしました。

案の定、3時の休憩時間にお父さんに電話がかかってきました。

「あのね、給料もらったんだけど、お金が入ってないんだよ!」

父「それはなぁ、この間通帳作ったやろ。そこに、入れてくてるけん。
次の休みの日に、お母さんと銀行へ行って教えてもらい!」

ま、これで納得できたかどうかは判らないけど、
職場で、お金がない〜!と、大騒ぎする事はないみたいです。

事前に教えられる事と、教えられない事がありますが、
可能な事は、シュミレーションってよくしました。

例えば、修学旅行前には、

荷物の扱い方シュミレーションなんて事をしました。

2泊3日の予定なら、
実際と同じに2泊3日分の荷物を用意して、バッグに詰めます。

さあ、今日から練習って日からは、
衣類とか、洗面用具とか、全部バッグから取り出して使って
使った後は、バッグにしまいます。

旅行中は、洗濯もできないのだから、
汚れ物は、汚れ物入れの袋に入れて、バッグに入れます。

実際にやってみないと理解できない事は、
こんな風に、シュミレーションをしました。

家庭でのシュミレーションに加えて、
長期休みの時には、
JR、航路、飛行機などなど、
色々な交通機関の利用練習もしました。

普段がマイカーが殆どなので、
初めてJRで、切符を買うときは、
私の方が、切符の自動販売機の前で固まりました。

「わからん・・・」

こういうことを経験すると、
自閉症の子が、初めてのところで、
ウロウロしてしまう気持ちが分かります。

普通に子育てしている人からすると、
めんどくさい事するんだなぁ〜って思うかもですね!

Yahoo! JAPAN  Google
| 自閉症療育:経験してみないと分からないこと | 自閉症療育 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/5PAGES | >>